2007年5月17日木曜日

【 ハワイに棲む者達】Nene


ハワイの州鳥、ネェネェ(ハワイアン・グース)に出逢う事ができた。
ハレアカラ山頂での撮影を終え、下山途中の
まだ眼下に雲海が見える辺りだった。

グースと言えば雁だ。水かきがあるから確かに水鳥なのだが、
どうしてこんな高地に棲息しているのだろう。
僕は動物学者でも鳥類研究家でもないので、深く追求する気はない。
それよりも、この端正で聡明そうな横顔にとても感銘を覚えた。

もちろん触れたり餌をあげたりしてはいけない。
至近距離からカメラを向けてもまるで意に介さない。
堂々としていて威厳がある。
人からの援助など無用だと言いたげな、その誇らしげな仕草は
なんだか自分がちっぽけに思えるほどである。

雲海の彼方をじっと見据える姿は、
僕が鳥だったらきっと憧れてしまうだろうな。
キャーッ、ステキー!!

〈人気blogランキング〉

4 件のコメント:

ロドリゲス さんのコメント...

伊勢丹お疲れ様でした!!中々行けなくてすいませんでした~~~。
朝っぱらから10%自分好みのスイーツとか持って行って取り扱いに困らせてしまったりお騒がせしました~~♪
この写真はNeneの羽の質感がすご~く伝わって来ていーーーーですねえ~~!!

バックのぼんやりした空とNeneのちょいとばかり哀愁を帯びた表情が最高です!!

Motomu Takayama さんのコメント...

ロドさん、おはよー!
LINO MAKANI 応援団長のロドさんからの
久々のコメント、嬉しかったっす。
スイーツはみんなでシェアして頂きました。
大好評だったよ、美味しかったって。
ほんと、いろいろケアしてくれて感謝です。
これからも宜しく。

Hide さんのコメント...

このNeneは、雲海の果てに何を見てるのかな?
まだ見えぬ未来かな?
それとも何もかも全て見えていて、
地上での俺ら人間の行動に目を潤ませているのかな?
なんかそんな事を考えてしまったです。

Motomu Takayama さんのコメント...

Hideちゃん、こんばんは。
そうなんだよ。
彼の潤んだ瞳の奥に、深い憂いを感じるんだよ。
彼はきっと「人間ってなんて愚かな
生き物なんだ。ボクは人間の世界には
一切関わりたくない!」と
悲しんでいるんじゃないかナ。
ホントそんな感じがするほど毅然としていたヨ。