2007年6月25日月曜日

【輝く風】心に刺さる色


Haleiwaの町外れに妻のお気に入りのショップがある。
彼女は息子を連れて店内に入って行った。
車中で待っているのは退屈なので、
僕はカメラを持ち、路駐した車が見える範囲をうろつく事にした。

今にも大粒の雨が降りそうな雲行きで、
風は吹いているが、なんとなく空気も重く感じる。
こんな天気では明るくて爽やかな風を感じる写真は撮れないから、
気分が乗らず、意識を集中することもできない。

歩道に面した板塀越しに、何気なく遠くを見ていると、
密集した葉をゆっくり揺らしているパームツリーが二本、視界に入った。
片方は濃いオレンジ色の小粒な実を沢山吊るしていて目立ちたがり。
もう一方は、暗緑色の葉を鬱蒼と生やしているだけの地味な印象の椰子だ。

当然、僕は派手な方にレンズを向けてシャッターを切った。
よくあるココパームではなく、
ハワイアンクリスマスツリーと呼ばれる種類とも違うようだ。
結構珍しい品種の木だったので、
そこそこ面白い写真になりそうな予感がした。

で、最後に地味な方を「義理」で撮ってやった。
どの道つまらない写真になるだろうけど、
なんだか放っておけないような気がして・・・。

その夜、部屋でIZを聞きながら、
パソコンで上がりをチェックしていてドキッとした。
あんなに地味だったあいつが、生きていると思った。
深みのある緑の葉に雲を映して、
僕のハートを優しく撫でながら、そのくせ鋭い葉先がチクチクと
心の奥の汚れたところを刺激してくるのだ。

軽い気持ちで撮ってしまった自分が後ろめたくなり、
目頭が熱くなる。
バカみたいだが、とうとうこの写真の中のパームツリーに向かって
「ゴメン・・・そしてアリガトウ」と呟いていた。

〈人気blogランキング〉

8 件のコメント:

ayaryou さんのコメント...

こんにちは。この写真一枚にこんなドラマがあるなんて、、、私も胸が熱くなりました~
モトムさんの写真とその被写体に対する愛情にジーンです。やしの木さんのニヒルな笑いが見えるような見えないような。。。

めー さんのコメント...

本当に ありがとう って言いたくなるのわかります~~~

椰子にもいろんな顔があるのですねぇ

葉音 さんのコメント...

モトムさん、こんばんは~☆
まずは、↓のナウパカについて!
とってもとっても素敵~!!!
この話、私も大好きです!
オヒアレフアの花の話とおんなじくらいに♪
でもって、このパームツリー!
なんだか孔雀の羽を連想しちゃったのだけど
モトムさんの話を読んで
「なるほどナ~」って思い直しました。
しかもタイトルの「心に刺さる色」だなんて!
それこそが、私の胸にも突き刺さっちゃいました☆

Motomu Takayama さんのコメント...

Ayaryouさん、いらっしゃい。
ドラマだなんて、大袈裟なものではありません。
でも、あのパームツリーが僕に
「ハワイを撮らせてもらっている」という
認識をしっかり持つように教えてくれたような
気がしています。

Motomu Takayama さんのコメント...

めーさん、こんばんは。
最初、「アレ?こんなに凄い写真、
いつ撮ったっけ?」っていうくらいに
現場とは印象が違いました。
だから、怠慢な僕への警告なのだと反省。
そして感謝・・・。

Motomu Takayama さんのコメント...

葉音さん、どーもです。
たまに撮った時の予想をはるかに超える結果に
びっくりする事があります。
大概はプラス方向の予想にさらに加点する感じ。
でも、この時は、
自分では撮った時点で点数が低かったため、結果、
加算点数がめちゃ多くなって、イッツ・ミラクル
みたいな・・・。

カエル さんのコメント...

今日も感動して、職場で何度も見てしまいました(笑い)
どうして、こんな風に撮れるのでしょう・・
そして、パームツリーは何を伝えたかったんでしょうか・・
写真って不思議ですね。

Motomu Takayama さんのコメント...

カエルさん、ダメです、仕事中にそんなこと!
でも嬉しいです。ありがとう。
どうしてこんな風に撮れるのか・・・
きっとこの時は、僕がカメラを向けた瞬間に
このパームツリーさんは、嬉しくて精一杯の
ポーズを決めたんだと思います。
ハワイの植物達は、僕に「私を撮って!」と
せがむんです。呼ぶのです。生きているから。
いつも妻に、「オレね、呼ばれている気がするんだ、
植物達に。」って言ってました。
今度、妻に会ったら、聞いてみてください。