2007年9月26日水曜日

【輝く風】Bali Hai-1


今、思い返しても、あの時の感動は少しも色褪せていない。

〈3月11日付けのBLOGにも同じ時のエピソードを書いています。
しかし、どうしてももう一度あの時の感動を書きたくなってしまいました。
本当に凄かったんだから。で、よかったらその時の写真もご覧ください。〉


カウアイ島、リフェ空港に着き、一路島の北側へ。

ハワイ諸島の最北端に位置する町、ハナレイに向かった。

滞在するのは、プリンスヴィル。

1958年のハリウッド映画「South Pacific」のロケ地として

あまりにも有名な地である。

映画の中では、沖に浮かぶ神聖な島として描かれていた

「Bali Hai」・・・レストランじゃないゾ!!

実際にはハエナビーチの背後にそそり立つ、

その尖塔のように切り立った山の向こうに沈む夕陽を撮りたくて、

Pali ke kua という絶好のポイントに滞在することにした。

午後4時頃に到着し、ラナイから庭に出てみると、

眼下に太平洋を見下ろす北向きの崖の上にギリギリで建っている。

西側にはBali Haiがしっかり見えた。

暫くすると、太陽がBali Haiの向こう側に降りて来て、

そのシルエットをくっきりと際立たせはじめたのだ。

美しく荘厳なSundownの儀式が始まった。

言葉では言い尽くせない感動がハートから溢れ出て、

喉もとから嗚咽のように漏れる。

「有り得ねー!」としか叫べない自分が疎ましくなる。

そして、シャッターを切りはじめる。

To be continue.

〈人気blogランキング〉

2 件のコメント:

EMMY さんのコメント...

その感動に共感します(笑)
ハナレイタウンも大好きですがこのバリハイサンセット狙いで北に宿をとる方も多いですよね。
私は東海岸の力強いサンライズも好きです。
早朝、リフェに向かって走っていると朝焼けで空全体がオレンジ色に染まった時は自然と車を止めて見入ってしまいました。
前回は西のケカハへ夕焼けショーを見に走ったものでした。
3/11の写真の中で2枚目がとても好きです。

Motomu Takayama さんのコメント...

Emmyさん、
僕はまだ東海岸のサンライズは観ていません。
それはぜひ撮ってみたいナ。
カウアイ島には、他の島では薄れてしまった何かが
くっきりと色濃く残っている様な気がします。
うまく言えませんが、「重さ」と言うか
「落ち着き」と言うか「奥ゆかしさ」と言うか・・。
2週間位かけてじっくり向き合ってみたい島です。