2016年9月11日日曜日

9.11に思うこと・・・World Trade Center



今、健在なら43歳になっていたはずの
ワールド トレード センター。
マンハッタン島の南の端に聳え立っていた
この巨大な2棟のビルが、


15年前の今日、2001年の9月11日に
突如として消滅した。


僕は1981年と1982年にNYを訪れ、
WTCのツインタワーを
いっぱい撮影した。


1973年に完成してから
ちょうど10歳になっていた
この威風堂々とした姿は、
マンハッタンの
様々な場所から捉えることができた。


なんだかその事が面白くて、
奇抜なアングルを見つけ出すことに
妙に熱中したのを
今でも鮮明に覚えている。


スケール感が狂う程の古い建築とのコントラスト。
ピッタリ重なって1棟にしか見えないアングル。


それは、当然2ヶ所あるわけで、
もちろん両方とも押さえたりした。


レトロなビルの尖塔の向こうに
辛うじて観える夕日を浴びる姿・・・。

世界貿易センタービルは、
古き良きエンパイアステートビルやクライスラービルと並んで
摩天楼の象徴的存在だった。


あれから18年経った2001年9月11日、
(日本時間では夜の11時頃だったろうか)
オフィスで仕事をしていて、
ふとリビングのTVを点けた途端に
映し出された驚愕の光景。


驚きと悲しみで涙が止まらなかった。
・・・
そして15年後の今、
当時のアナログフィルムをデジタル化した
膨大なデータの中から
WTCビルの画像を少しだけ
ピックアップしてみたというわけ。

これがWTCに手向ける僕の
鎮魂歌。

さて、
"GAZE at AMERICA 1980'S"
「1980年代のアメリカを見つめて」
と言うテーマで、当時のアメリカ本土〜ハワイ。
そして現在のテーマ "LINO MAKANI" に繋がる、
 高山 求の写真家としての
足跡を辿る写真展を
近々開催したいと
考えています。




2016年9月2日金曜日

ホームページが新しくなりました。

今年の3月、愛用していたMacBookProが突然クラッシュ。
データのバックアップをしていなかったために本体HDの殆どのデータがパーになってしまった。
データレスキューによって画像データは救出できたが、イラレとインデのデータは全滅。
一番ショックだったのが、Apple社のウェブ構築アプリ "iWeb" を使って管理していたサイト"motomuhawaii.com" の更新が一切できなくなってしまったこと。
新しいMacBookProに変えたのだが、この"iWeb" が最新のMacOSには対応していないどころか、なんと開発中止だと!  
そんなこんなで、この度 オフィシャルサイトとして "linomakani.com" を新規に立ち上げる事となりました。

ギャラリーページは、海、植物、花、そしてシーニック(風光明媚)の4つに分けました。

もちろん、旧サイトの島ごとのギャラリーにもリンクを設けています。


高山の作品やオリジナル商品の一部を紹介しているショッピングページでは、
従来同様メールでのご注文を受け付けておりますので、
お気軽にご連絡ください。


このブログ "Bright Breeze in Hawaii" も、今までどおりゆったりマイペースで更新して行きます。
最新のウェブデザインアプリを駆使し、シンプルで分かりやすい内容のサイトを目指しますので、これからも LINO MAKANI どうぞよろしくお願いいたします。
写真家 高山  求
LINO MAKANI LLC   CEO  高山  裕子

2016年7月9日土曜日

1981~2年のハワイ

 34~5年前、僕はアメリカ本土を2回に分けて写真を撮りながら、放浪の旅をした。
ニューヨーク、キーウエスト、アトランタ、ニューオリンズ、テキサス、サンフランシスコ、ロスアンジェルス、そして帰国途中にハワイ。

当時はカメラもフィルムも当然アナログ。銀塩のリバーサルフィルムを大切に温存しながら撮って回った写真が、今でもそのまま残っている。


僕にとっては貴重な作品なので、なんとかデジタル画像にして保存したいと思い、3年ほど前にフィルムスキャナーを購入して一度はデータ化したものの、その再現性は頗る悪く全くNG、納得できずにいた。
プロショップに依頼してコストを掛ければそれなりに良い結果が得られるのはわかっていても、1カット500円〜1000円もかけて500カット以上の写真をスキャンするのは所詮無理なことなので、諦めていた。


ところが、先日、ひょんなことから、フィルムをマクロレンズで接写すれば、かなり精度の高い画像データが得られることが解り、早速試してみたところ、これが思った以上にバッチリで、目から鱗、嬉しくてず〜〜っと事務所に篭ってデータ化の作業に取り組んできた。


アメリカ本土を旅して撮った写真は、今後の個展の企画の中で何らかのカタチで発表して行きたいと思っているのだが、当時は寄り道的な意識しかなく、あまり撮影したいとも思わなかった「ハワイ」の写真を数点アップしたくなった。


81年と82年にオアフに3泊づつして、のんびり過ごした時のもので、当然だが今の「LINO MAKANI」というテーマなど少しも意識していない、ただなんとなく撮った写真ではあるのだが・・・
34〜5年も昔の写真だし、自分が撮ったことすら覚えていないので、とても客観的に観ることができる。

その良し悪しは別として、今自分が惚れ込んで情熱を傾けて撮り続けている「ハワイ」と、そんなに大きくはかけ離れていないような 、いやむしろあの頃の方が素直に被写体と向き合っていたような気がする。



・・・と、まあ久し振りにアップしたブログで、こんなにとりとめのない事をつらつらと書いてしまったけれど、とにかく今の自分の原点を垣間見る事ができたような、ちょっとしんみりしてしまう出来事ではあった。
・・・歳かな。










2015年12月9日水曜日

LINO MAKANI カレンダー、Amazonでも発売開始!

ハワイ好きの方々から、毎年大変ご好評を頂いております、
アマゾンでもご購入頂けるようになりました。
特典としては、あなたにアマゾンポイントが付与されて、
商品価格¥1,944(税込)だけでアマゾンから送料無料でお届けします。



ただし、こちらのカレンダーには
高山求直筆のサインが入っていません。
もし、サインをご希望の場合は、
従来通りこちらのサイトからご注文ください。
5部以上の大口注文の場合なら、もちろん送料は無料です。

どちらからのご注文も既に在庫数が僅かですので、
売り切れの場合にはご容赦ください。


2015年9月26日土曜日

LINO MAKANI in Miyako Island

「ゆうふぉりあ」の特別編集版

"Euphoria SHIGIRA RESORT"が

刊行されました。

LINO MAKANI をテーマに

ハワイを撮り続ける高山 求が、

いつもの感性そのままに、

独自の視点で捉えた、宮古島の美しい海や植物などが、

30ページ(表紙を含む)に渡り掲載されています。

もしも、ご購入を希望される方は、アマゾン から。

また、高山の直筆サイン入り(部数限定)をご希望の方は、

別途送料がかかりますが、LINO MAKANI ゆうふぉりあ係 まで

Eメールで直接お申込みください。



2015年9月15日火曜日

お詫び

LINO MAKANI カレンダーをご愛用の皆様にお詫び申し上げます。
実は、9月ページの今日(15日)の日付がなんと
「5」になってしまっておりました。(涙)




















毎年、僕のハワイカレンダーを愛用されているお客様から
上の写真と共に、ご指摘のメッセージを頂きました。

皆様も当然お気づきの事と思いますが、
僕は、つい先日まで気がつきませんでした。情けない!

皆様が使われる有料の印刷物で、このようなミスを冒してしまい、
誠に申し訳なく思っております。

つきましては、たいへんお手数ですが、
今日は15日ですので「5」の数字の左に「1」を書き足して
「15」としていただけますでしょうか?

今後は、このような事が起こらぬよう、細心の注意を心がけますので、
今回の誤りについては、ご容赦いただけますようお願いいたします。

…というか、来年のカレンダーには、こんなミステイクは無い筈ですので、
どうか、2016年版 LINO MAKANI CALENDARもご愛顧の程、
どうぞよろしくお願いいたしします。

2015年9月15日
高山 求


2015年7月6日月曜日

風が止む時に・・・

ふと、

風が止む 時がある。

目の前の景色が、

一瞬動きを止めて

自分も写真の中に居る様な

気分になり

妙に居心地が悪く、
落ち着かない。

そんな時は、

無意識に

何か動いているものを

眼で探してしまう。

そして無理矢理

シャッターを切ってみる。
当然、目の前の現実以上に

完全に止まった景色が

そこには 写し出されるが、

何かがどこかで動いていた

気配がしっかりと

記録されたときに

「絵」として完結する。
自分の周りには

風が無くても、

遠くの椰子の葉が

揺れていたり、

波だけが打ち寄せていて

それがなんだか不思議に静謐な

「絵」を作りだしていて、
そこにはヒトの息づかい、

息吹きのようなものも

仄かに感じられるからなのか

なんとなくホッとする。

でも、これは僕のテーマ

「LINO MAKANI - 輝く風」

からは少し外れた趣きが

ある。