2007年6月9日土曜日

【輝く風】L i n o K a i


Lino Kai・・・輝く海。
真昼の海の眩しさが大好きだ。
太陽の輝きが波にキラキラと照り返して、つい瞼を細めてしまう。

この景色は、100年前、1000年前、
いや、人類が存在しなかった太古の昔から
今と変わらずそこにあった筈である。

○年○月○日○時○分○秒の一瞬を切り取った写真であるにも拘わらず、
人間が考え出した「時間」という観念など、
まるで意味を成さないものに思えてくる。

海を撮っていると、
「オレがこの世からいなくなっても、
この写真と同じ風景がずーっとここに在り続けるんだな。」って
妙にしんみりしてしまう事もある。

小さい奴だな・・・オレ。

〈人気blogランキング〉

2 件のコメント:

めー さんのコメント...

モトムさんが小さいのではなく海が大きすぎるのですよ~~
海は偉大!
輝く海 早く見に行きたいな
ハワイの海。。。

Motomu Takayama さんのコメント...

めーさん、こんばんは。
確かに海と対峙していると、
色々なことを考えさせてくれますね。
うん、偉大だと思います。
また会いに行こうと思います。
ハワイのどこかの輝く海。