2008年2月24日日曜日

【輝かない島】Mokoli'i Isle.



Kane'ohe Bay の北の外れにある、
通称"Chinaman's Hat"という名前の小さな島。
ハワイ語では"Mokoli'i"と言う。

この島、なんとなく
湘南・茅ヶ崎沖の通称烏帽子岩(えぼし)
ぶざまに太って大きくなったような格好をしている。

それはそうと、
オアフ島・ウィンドワードのこの辺りは、
貿易風がコオラウ山脈に遮られ、雲を作るので、
夜から朝にかけては乾季でもシトシトと雨が降っている事が多い。

上の写真は、ある夏の日の早朝、Waikaneから見た島の光景だが、
太陽が右前方から昇るので、たとえ晴れていても
島はシルエットになり、いつもなんだか寂しげだ。
でも、雲間の青空が、「今日も晴れるよ」と教えてくれている。

同じ日の夕方、再び戻ってきて、島の辺りを見ると、
遠くの積乱雲が赤く染まっていた。
今度は正面から当たるはずの陽射しが、
コオラウの山々のさらに向こう側に太陽がいるため、
背が低いこの島は山の陰になってしまって、
黒々とした塊と化し、妙に小さくイジケているように見えた。


毎日、早朝と夕方には黒い輪郭だけになってしまうこの島。
僕の勝手な推測だが、ハワイではもともと「Moku'o Li'i」と呼ばれていたのではないか・・・
とすると、「Moku」は島や場所の意味で、どんな大きな島でも「Moku」。
ちなみに船も「Moku」・・・ということは、海に浮かぶものや場所は全て「Moku」という事になる。

そして、「Li'i」は「ちっぽけな」という意味なので、

この島はなんと『どぅってことないちっこい島』と呼ばれていた事になる。

道理でいつも寂しげなわけだゎナ。
なんだか可哀想なこの島、これからはイジケ島と呼んでやろうか。
ってウソだよウソ!
今度は絶対に、てっぺんに陽が差して輝いている、
スッゲーカッコイイ写真を撮ってあげるよ!

〈人気blogランキング〉

2 件のコメント:

Sara さんのコメント...

Mokuli'iの考察、さすがです!
mokoでは意味不明ですものね。
Chinaman's hatとしてあまりに有名なので、
陽があまり当たらないという印象もありませんでした。
うーん、写真家の視点って深いですねぇ!

Motomu Takayama さんのコメント...

Saraさん、さすがだなんて・・・
ただ勝手な推測をしただけです。
でも、本当に陸側から見た日照時間は短い。
・・・どーでも良い事をどうして
こんなにムキになって書くのか、
自分でもよく分からないです。
でも、本当に烏帽子岩にそっくりでしょ?
湘南在住者から同意が欲しいところですね。