2008年2月19日火曜日

【輝く風】Shining Horizon



ふと、1970年のミュージカル映画

「晴れた日には永遠が見える」で

バーブラ・ストライサンドが歌っていた

"ON A CLEAR DAY YOU CAN SEE FOREVER"

を思い出した。

On a clear day
Rise and look around you
And you'll see who you are

On a clear day
How it will astound you
That the glow of your being
Outshines every star

You'll feel part of every mountain, sea and shore
You can hear
From far and near
A word you've never, never heard before...

And on a clear day...On a clear day...
You can see forever...
And ever...
And ever...
And ever more...

「よく晴れた日には
立ってまわりを見まわすといいわ
すると自分が誰なのかよく見えてくる

よく晴れた日には
自分がどんな星よりも輝いていることを知って
本当にびっくりさせられるの

山や海や砂浜の一部になったような気持ちになれば
あちらこちらからまだ聴いたことのない
言葉がきこえてくるのよ

よく晴れた日には・・・

よく晴れた日には・・・

永遠が見えるのよ・・・」


明るく輝く水平線を見ていると、

本当にその向こうまで行ってみたいと思うよね。

そこには「永遠に続く明るい未来」が待っているかも知れないから。

だからみんな! 勇気を持って歩いて行こうよ。

〈人気blogランキング〉

2 件のコメント:

Sara さんのコメント...

ガラス板の上に綿を並べたみたいな雲ですねぇ。
海の向こうに何があるか知りたいのって、
万人に共通の夢なのでしょうか。
地図を見て、何があるか知っているんだけど、
それ以上のものがありそうな気がするんですよね…

Motomu Takayama さんのコメント...

Saraさん、
暗い空や海の風景が好きなSaraさんが
コメントをくれるなんて、
ありがとう。
この写真、晴れているのに
なんとなく悲しげでしょう?
でも、水平線の向こうには希望がありそうな・・・。
こういう写真は、自分では大好きなんだけど、
一般ウケしないよね。