2007年3月21日水曜日

【輝く風】地球の美しさに絶句 II

足元はまだ暗い。
おまけに湿った芝生は滑りやすい上に不快な感触で、
歩く度にジュザッ・ジュザッと嫌な音を発する。
すると、それを聞いた近所の犬達が一斉に吠え始めた。
「やばい」と思ったが、
「オレは写真家だ!これはオレの使命だ!」と
内心ビクビクしながらも姿勢だけは堂々と歩き続けた。
そんな僕の態度が犬達に通じたのか、彼等の興味が薄れたのか、
徐々に静寂が戻ってきた。と、どこかで鶏がコケコッコーと鳴きだした。
当たり前だが日本の鶏と同じ鳴き方である。



100メートルどころか、その5倍も歩いたような疲労感を覚えながら、
庭の突端、つまり海の縁に到達し、水面を覗き込む。
まるで湖の様に静かで、風に揺れるさざ波が一面に明るみ始めた空を映していた。
厚い雲の部分は青暗く、抜けた部分はオレンジ色のグラデーション。

三脚にカメラをセットし、太陽が現われるのを待っていた。
しばらくすると、とうてい言葉では表現しきれないほど荘厳な
空と海のスペクタクルが目の前で始まった。( III に続く

5 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

これ、すっごいですね。下手な修飾語なんか当てはめられないっす!!
この静寂の中にいたモトムさんの感動、ものすごい事ですよね!!

ロドリゲス さんのコメント...

↑匿名さんになってしまいましたね。
ロドリゲスコメントでした~。

Motomu Takayama さんのコメント...

匿名ロドさん。
いらっしゃいませ。
コメントをありがとう。

この時はホントにすごかったです。
鳥肌が立ちました。

こんな場面に遭遇したら
も〜やめられなくなってしまいますよ。

葉音 さんのコメント...

モトムさん、こんばんは~☆
私このエピソードが大好きだったので
アップしてくれて、とっても嬉しかったです♪
再度、鳥肌モノでした!!
で、ちょっと質問です!
この手前に映ってる丸い物体はなんですか?
下らない質問でごめんなさいですが
良かったら教えて下さい☆

Motomu Takayama さんのコメント...

葉音さん。
いつも遊びに来てくれてありがとう。
ご質問の物体は、
「直径50〜60センチぐらいの丸い岩」です。
ガッカリしました?
でも、ちょうど良いものが
アクセントとして写真の中に活かせたと
思っています。
この岩だけの写真も結構撮りました。
また、来て下さいね。
いつでも質問OKですよ。